日経225の口座開設の流れ

 

日経225の口座開設の流れを少し紹介します。日経225で取引をするという場合には一般の株の取引を行う株式講座ではなくて、専用の日経225の口座を開かなくてはいけません。証券会社選びをして、その上で、日経225の口座を開くわけですが、まずは色々と比較して、手数料、サービス、システムなどを見て比較しましょう。最近はほとんどの証券会社が、口座を開設すれば、お金を中に入れなくてもいいところが多く、必要証拠金を入れずに、サービスを利用することができるところも増えているので、とりあえず、口座を作ってみて、気に入ったところを選んでその口座をメインにして利用してもいいですね。他にも、イーバンク、ジャパンネットバンキングといった、ネットバンキングの口座も合わせて開いておけば、よりスムーズに日経225での取引や入金なども可能になりますので、手間が省けます。
具体的な日経225の口座を開設するまでの流れについてですが、まずは資料請求から始まります。日経225の資料請求として、ホームページや電話で証券会社に連絡を入れます。そして資料と一緒に申し込みに必要な書類が送られてきますから、それを書いて、申込書と本人確認の書類を返送しましょう。そして到着後不備がなければ、口座が開設されます。
日経225の取引をする証券会社から、IDやパスワードなどの連絡が入ると思いますから、そちらを見て、ログインすれば、これで口座開設が完了して、取引ができるようになります。

 

日経225オプション

 

日経225オプションというものがあります。これは日経平均株価を、権利行使日に権利行使価格で買い付けたり売り付けるという権利を売買することを言います。買付はコール、売り付けはプットと呼んでいます。
もっとわかりやすく、具体的に紹介すると、日経225オプションは、11月限権利行使価格が13000円の買付権利の場合には、11月の権利行使日に日経平均株価が、13000円以上をつけていた場合には、権利行使がされるという仕組みです。オプションの買い手というのは日経平均株価の13000円を超過したところの金額をそのまま利益としてもらうことができます。
もしも権利行使日の日経平均株価が、13200円と、最初よりも200円高かった場合には、買った人は、オプション1枚につき20万円ももらえるという計算ですが、売り手の場合には、それとは反対に、20万円も支払うことになりますから、かなりの損害が出ることになるのでかなりハイリスクでもあります。
日経225オプションはこのように、日経平均株価を、権利行使日に、権利行使価格で買い付けたり売り付けることの権利を、売買する取引のことです。初心者にとっては、少し複雑な取引だと感じるかもしれませんが、利益を出しやすく損失も出しやすい取引でもあります。権利行使価格は、その時点での日経平均株価を見て、それに見合った値段が毎回設定されていて、その値段は500円単位で、小刻みに選択可能になっています。証券取引所の株価指数オプション取引について理解しておくといいでしょう。

日経225とレバレッジ

 

レジバッジといえばFXの魅力の一つでもありますが、日経225でもレバレッジを効かせることは可能です。レバレッジをかけて、ハイリターンを望めるのですが、その反面で、かなりハイリスクも背負うことになりますから、その点は理解しておきましょう。資産を50万円持っていて、現物取引をする場合には、投資金額の50万円以上損が出ることはありませんね。そして株の信用取引の場合でも、委託保証金が決められていて、30%に決められていますから、50万円の担保で取引をしていて30%なら、166万円になり、これは単純に計算すれば、3倍レバレッジがきいている計算になりますね。50万円の投資で166万円の取引ができ、それで利益がかなり出ればいいのですが、逆に損をしてしまった場合には、50万円の元金で、166万円の損が出ることになるので注意しましょう。
日経225の取引は、証拠金を基にして、証券会社が、売買に必要な最低証拠金のラインを決めています。例えばその最低証拠金が30パーセンで、15パーセントの最低証拠金が必要であるというような決め方がされている場合には、45万円資金が必要であるということになります。
そして日経225の値段が13000円だった場合には、45万円で1300万円もの取引をしていますから、これを計算すると、29倍のレバレッジでの取引になります。
日経225ではたった10円値段が動いただけでも、1万円単位の利益か損失が出てしまいますから、結局は証拠金よりもハイリターン、ハイリスクがあるということを覚えておきましょう。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1審査の甘いカードローン10
2消費者金融 誰でも借りれる10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1消費者金融 誰でも借りれる10
2審査の甘いカードローン10